2007年05月27日

night feverにゃあ程遠い。

優しさってきっと、受け取る側次第なんだと思う。

「自分がこうしたのに!」

「自分はこうなんだ!」

だとたぶん、どれだけ相手を思ってても押し売りになっちゃうのかなって。



なんだよ、このテンション。

実際お酒飲んできたけど、正直気持ちいい酔い方じゃない。

むしろ気持ち悪い。

だけど、だからこそ、「自分のこと信じないと」って思う。

むちゃくちゃな話だわ(笑)



とりあえずだ。

本当の優しさってわかんない。

「自身が正しいと思うことを成せ」

ですかね。





そうそう、肝心の就職活動ですが(最近書いてなかったので・・・)、

来週からまた説明会やら1次選考やらに行ってきます。

日曜のうちに、気持ち切り替えておかないとあせあせ(飛び散る汗)
posted by ku_ru at 01:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏見恋愛論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

恋の連立方程式

この言葉を見たときはびびった。

いつかって?

よく、携帯で登録すると「毎日のお得情報!?」みたいなやつ、来るじゃないですか。

それです。


ネタは、ユーザーからの相談について回答する系のヤツ。

今回の相談は、学校の先生を好きになってしまった、とのこと。

で、答える側が発したのが、タイトルのヒトコト。


「この恋の連立方程式は、難しすぎて解けそうにありまセーン。」


だそうです。



はたして、この世に解が存在する恋の方程式なんてあるのだろうか?


少し考えてみる・・・

恋の方程式が存在するとして、それはいったいどんな形で存在するんだろう?

線形?それとも非線形?そしてパラメータは?

線形か非線形かはひとまず置いておいて、

恋愛に関するパラメータはまず、時間、ですよね。

恋が燃えるも冷めるも、時間変化に依ることは自明でありましょう。

ん???

とすると、微分方程式を解かねばならなくなるのか???

・・・時間変化するってことを言い換えれば、

永遠の愛など存在しない

となりましょう。

こんなに断言していいのか!?と思いますが、まぁいいでしょう。


ほか、恋に力を及ぼすもの・・・

会話?

なにを一緒にやっているのかってこと??

一緒にいる時間???

いや、何も一緒にいる必要はありません。


ほら、学生の頃に抱いた、憧れにも似たあの気持ち。

部活に熱中する姿!

みんなを励ますその声!

そんな彼女を、よりいっそう輝かせる、ほとばしる汗!


別に運動部に限らなくてもかまわない。

文化祭の準備でも、体育祭の準備でも、英語の授業でスピーチする凛々しい姿でもいい。

卒業式でスピーチする後姿なんて見たらもう、感無量でしたね。
(・・・といいつつ、自分は小・中と自分が卒業生代表だった)


また、第一印象も大事なファクターでしょう。

「第一印象は大事にしなきゃ。」と、誰かが言ってた気がしますが、

僕は賛成ですね。

ですが、かならずしも初期条件(第一印象)に依存するわけではありませんね。


普段恋愛対象として見ていなくても、ある瞬間に、恋が芽生える瞬間があります。


個人的にですが

赤い実がはじける瞬間

と呼んでいます。(たしか、小学校の教科書にありましたね。国語か道徳で)


普段は男勝りなあの娘が、人知れず涙しているところを目撃してしまった!

今まで異性として意識しなかった幼馴染が、突然冷たくなった!

階段で転んだあの娘のガラスの靴が、自分の元に飛んできた!


などなど。。。

平凡な日常に、インパルスとしてことが起こると、ある種のきっかけと認識しやすいかもしれません。


とにかく観測者(自分)が相手に好意を抱くとき、恋が始まります。


そして、様々なファクター・パラメータが重なり合って恋愛になります。

先の話に戻せば、その方程式はおそらく線形でしょう。

だって、「二人の距離の2乗に比例して・・・」とかって嫌だし。。。


比喩的に「指数関数的に恋が燃え上がる。」と表現するのは一向にかまわないと思いますが。


やっぱり、複数の条件が重なり合って恋に発展するわけですから、

連立方程式という表現が一番いいかもしれません。


大事なのは出会い。

そう、出会いは二人が同時刻に同座標にいるということ。

すれ違いだって、ケンカだって、たくさんしていい。


やがて訪れるかもしれない別れは、二人が出会えた証拠なんだから。
posted by ku_ru at 23:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏見恋愛論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

初恋談義

さて、面白いネタを見つけたのでTB練習です。。。

初恋かぁ。。。

初恋って、なかなかあいまいな位置づけだと思うんですよね。

自分は小学校に入るかどうかくらいの時だったと思うんですが、
正直、相手の名前も覚えてない・・・

ただ、あの頃が初恋だったのかなぁ〜って。
そう思い込んでるだけかもしれない。

自分ではっきりと認識しているという面で言えば、

小学校4年のとき。

近所にすんでいる、女の子でした。

ま、幼馴染気味な感じですね。

といっても、自分は小学校低学年で越してきたので、厳密に
幼馴染というには抵抗があるかもしれません。。。


ですがオクテな自分ですから、小学校ということを含めても

告白して、付き合って、ということはありませんでした。

中学に上がったら、少し疎遠な感じになりましたね。

自分、剣道部。その娘、バドミントン部。

高校は別のところ。


ですが、たまにメールとかします。

ホント、たまにですが・・・


初恋は実らないって言いますね。

初恋は実らないほうがいいって説もあります。(誰かの言葉だったかなぁ?)


う〜ん、、、どう終わればいいんだろう(笑)


ただまあ、今の自分と照らし合わせて言えることは

自分からはなかなか告白しない

ってことですかね。


なかなか、自分を表現するのが苦手、と、かわいいことを言ってみたり。
posted by ku_ru at 01:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏見恋愛論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。