2008年05月27日

神様のパズル

読み終わったって小説。


神様のパズル 機本伸司著 ハルキ文庫


どうやら、今度映画化されるようですね。

買ったのがいつだか覚えてないんだけど、今年に入ってからですかね。

修論片手に読みたかったけど、学校行かなくなって本を読む時間をとらなくなって。

一人暮らししてからだと、余計にですね。

家にいるときに本を読む習慣がないってところで。

なんで、週末に出かけたときの電車の中で読みすすめました。



はてさて、実際読み終わっての感想、の前にざっとあらすじ。

内容(「BOOK」データベースより)
留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、
不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。
天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。
だが、究極の疑問「宇宙を作ることはできるのか?」をぶつけてみたところ、
なんと彼女は、ゼミに現れたのだ。
僕は穂瑞と同じチームで、宇宙が作れることを立証しなければならないことになるのだが…。
第三回小松左京賞受賞作。




読み終わった感じ、いつもどおりよくわからない構成ですが書いてみます。

とりあえず、結構読みやすい印象。

ジャンルはSF小説になるのかな?舞台はK大学物理科の卒研ゼミ。

宇宙の作り方をテーマにしてるんだけど、学園ラブコメ的な要素もあって。

現代物理のひも理論やM理論(だっけ?)が出てきて、

だけどそれは学生の討論の中で話が進むから、

難しい話を難しくないように、なんとなくわかった気になれる。

まあ、自分が量子論や相対論を理解してないのもありますがね。

登場人物の描写もしっかりしてる。

主人公の留年危機の学生:綿貫とヒロインの天才美少女:穂瑞。

穂瑞の提唱する理論(もちろん架空のもの)と、わからないながらも自分なりに考えて

答えや結論を追い求める綿貫。
(まあ、それが卒論だからかもしれんが)

それと、ゼミを彩る?同期の連中。

主人公が惚れてたのは同期の穂積さんなんだけど、その穂積さんがむにゃむにゃ。


後半、話が急展開というか途中の描写が抜けているような気がして、

でもそれは読者に想像させる部分かもしれなくて、

結局自分は後半の展開についていけませんでした。

その反面、ハッピーエンドのオチが先読みできるところもあって、

それはそれで面白かったかな。



もっと根本の「なぜ宇宙の作り方をテーマに選んだのか」ということについて、

登場人物というか小説の中で見ていくと、結局自己の存在意義を求めているんですよね。

自分とは何か?

綿貫や穂瑞は当初、物理学からのアプローチを試みる。

けど、物理はやっぱり現象を記述するものであって、そこには力と場のしか存在しない。

なんで?と突き詰めていくときに虚しさを感じてしまうわけですね。



将来の物理がどうなるかはまったく想像できませんが、僕は物理が好きです。

生命や精神を物理で記述される世界はちょっと考えてしまいますけど。

そんなこんなで、ちょっと小難しいことや自分について、

考えてみるきっかけにはなる本かな、と。





それと最後に、穂瑞の表紙は美少女だと思うけど、

本編中のセリフからだとちっとも表紙のイラストにつながらないよ・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by ku_ru at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98095648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。